人生後半戦の新おとな学 Ver.2

時間とお金 食事と睡眠 家族と独居 仕事と暮らし 学びと遊び

50代60代

人生後半戦は仕事が先か生活が先か

仕事の目的と働く目的は同じこともあるし違うこともある。仕事の目的が社会貢献であり、その成果として社会的利益がある。ところが仕事の目的を生活のためと考える人がいる。生活のためは働く目的であり仕事の目的ではない。人生後半戦にもう一度考えてみて…

人生後半戦の始まりと終わり、それはいつなのか?

人生後半戦の仕事と働き方を考えるときに忘れてはならないことがある。人生に始まりと終りがあるように、人生後半戦にも始まりと終わりがあり、人生後半戦の仕事にも働き方にも始まりと終わりがあるのだ。毎日考え、毎日試し、毎日省みていることとは...

サラリーマンにとって人生後半戦の一大イベントは定年退職!

サラリーマンの人生後半戦の一大イベントに定年退職がある。一度も転職をしたことのない人は大きな不安がよぎるのも当然だろう。定年退職の前にもキャリアストップという不安がある。このような不安を乗り切るためには、まず自分の仕事と働き方の環境を知る…

人生後半戦にビジネス脳を作る「WとH」とは

ビジネス脳とはビジネスを考えるための思考回路のことである。ビジネスは事業」とは、目的と成果、成果を出す活動と成果に対しての褒称の4つで成り立つ。なぜ人生後半戦にビジネスのが役立つのだろうか。

50代になったらビジネスを始めよう

仕事人にも賞味期限と消費期限がある。期限切れにならないためには自分を活かすビジネス脳を持つことが...

人生後半戦の少子高齢化対策 ~ 少子化の未来

およそ30年後の2050年には、15歳未満が10.6%、15-64歳が51.7%、65歳以上が37.7%と予測されているが、高齢化対策と同じように重要なのが少子化対策である...

人生後半戦の少子高齢化対策 ~ 高齢者の役割

2018年10月1日の日本の総人口は約1億2644万人、このうち15歳未満が約12%、15-64歳が約60%、65歳以上が28%である。65歳以上の半数以上が75歳で、人口構造は縦に伸びているのが現状...

人生後半戦は人生の仕上げの時間だ

心理学者のユングは人の一生を、少年期、青年期、壮年期、老年期の4つに分けた。この他にも乳児期・幼児期・少年期・青年期・壮年期・中年期・老年期と呼ぶ分け方もある...

人生後半戦の時間をコントロールする

人生後半戦を迎えるまでに時間管理をしたことのない人はどのくらいいるだろうか。ほとんどいないのではないかと思う。時間に使われるのではなく、時間を使うという考え方に...

人生後半戦の食事は何を食べるかよりも

食べるものについて語るときは、何を(what)、どのように(how)、なぜ(why)食べるかということに主眼を置く。生きるために食べる、健康によいものを食べる、栄養のあるものを食べる、そしておいしいものをおいしく食べる...

人生後半戦は「おいしいものをおいしく」

おいしいものはおいしいに決まってる、どんなふうに食べてもおしいものはおいしいのだ、と思っているだろうか。おいしいものをわざわざまずくして食べて...

人生後半戦のうまいとおいしい

人生後半戦になると自分の生活で許容できる範囲のものはほとんど食べつくしているに違いない。人生後半戦は何を食べるべきなのだろうか...

人生後半戦のお金と生き方を考える

老後の「3K」である「お金・健康・人間関係」は人生の3Kでもあることは以前にもお話したが、そもそもの考え方に原因があるのではないだろうか。

人生後半戦のお金と仕事の話(2)両立する

仕事の目的には経済的目的と社会的目的がある、と前回お話しした。その他にも自分の好きなことを仕事にするという考え方もあるが、これは自己実現が目的になっている...

人生後半戦のお金と仕事の話(1)目的は

人生後半戦は2段階になっている。人生後半戦の第1部は仕事をしている期間、第2部は仕事をしていない老後と呼ばれる期間である。正確には...

人生後半戦にいくらお金が必要かというと

人生後半戦の生き方を考える上で手っ取り早く老後の「3K」を順番に考えてみたいと思う。老後の「3K」は「お金・健康・人間関係」なので、今回は「お金」についてである...

人生後半戦の生き方を考えるためには

人生100年時代の後半戦は50歳から始まると言えば、平均寿命を考えれば40代から始まると言う人もいるし、定年になるまでは現役だから50代で後半戦とは認めないと言う人もいる...

人生後半戦はアンバランス解消のために自分の仕事を持つ

人生前半戦と人生後半戦では仕事をする期間がアンアンランスになっている