人生後半戦の新おとな学 Ver.2

時間とお金 食事と睡眠 家族と独居 仕事と暮らし 学びと遊び

人生後半戦の仕事と生活に必要なのは〇〇である

人生後半戦の仕事と生活を〇〇家業で送るために必要なのは

人生後半戦こそシンプルな生活を送ることができる

仕事の目的の1つに「生活のため」があります。この場合の生活とはどんな生活を意味するのでしょう。

人生後半戦はアンバランス解消のために自分の仕事を持つ

人生前半戦と人生後半戦では仕事をする期間がアンアンランスになっている

人生後半戦になって家業を持つということ

人生後半戦に家業をもつということは、仕事と生活を共にして生きていくことです。

人生後半戦は好きなことをして生きていく

人生後半戦は好きなことをして生きていくためには心の力が必要です。能力とは可能にする力であって心の力は欠かせません。

人生後半戦から見る外国人労働力と高齢者労働力

超高齢社会で問題となることの1つに労働力の不足があげられます。定年の延長、高齢者の労働力、女性の労働参加、働き方改革、そして外交人労働力の受け入れが現実となっています。人生後半戦の労働力をどのように考えればよいのでしょうか。

人生後半戦は「学びは遊びに、遊びは学びに」なる

老後の不安「3K」としてよく取りあげられるのが「お金・健康・孤独」です。「経済・介護・人間関係」とも言われますが意図してるところは同じです。ただこれは老後に限らず年齢に関係なく不安要素として考えられることです。

人生後半戦の仕事と生活は他者との関係から

人生後半戦と同じような意味を持つ「白秋」という表現があります。中国の五行説(五行思想)を季節に当てはめ、さらに人生の各年代に四季を重ねたのが「青春・朱夏・白秋・玄冬」です

人生後半戦の「働き方・暮らし方・学び方・遊び方」は

人生後半戦は「青春」に対して「白秋」を感じた時から始まります。人生後半戦何歳からという決まりはありません。人生100年時代だと思えば50歳からが人生後半戦でしょうし、平均寿命から考えればもう少し若く40代前半でしょうか。