人生後半戦の新おとな学 Ver.2

時間とお金 食事と睡眠 家族と独居 働き方と暮らし方 学び方と遊び方

50代になったらビジネスを始めよう

50代になったらビジネスを始めよう!|新おとな学 Ver.2

 

 

50代になったらビジネスを始めよう、という話は最近ではよくある話だ。独立してビジネスを始めよう、副業でビジネスを始めようということではない。ビジネス脳に切り替えようということだ。

 

 

仕事人としてのピークは40代である

 

別にビジネスを始めるのは50代でなくてもよい。最近では10代でもビジネスを始める少年少女がいる、頼もしい限りだ。そして「50歳になったら」ではなく「50代になったら」としているのもわけがある。

人間にはいろいろな面でピークがある。肉体的成長は20歳前後で止まるという。成長が止まるとは右肩上がりではなくなるという意味で、著しい成長はなくても緩やかな成長はあるだろう。安定期に入るといってもよい。

仕事をするときも同じでピークがある。あらゆる職業で「35歳限界説」と言われるのを耳にしたことがあるだろう。35歳を過ぎると能力が落ちるという意味ではなく若者とは同じように仕事ができなくなるという意味だ。

個人的には40代にピークを迎える人が多いと思う。なにをもってピークというのかは職業にもよるが、経験と技能がバランスよくマッチし、体力も脳力も目に見えて衰えを感じることが自他ともにないのが40代だと思う。

 

仕事人にも賞味期限と消費期限があるが

 

仕事人には賞味期限と消費期限がある。賞味期限とはさほど努力しなくても仕事人としての経験と技能を積み重ねることができる期間の限界である。若いときは新しい仕事も苦にならないが年をとるとそうはいかない。

仕事人の消費期限とは努力しなければ、仕事に適応できる体力と脳力が落ちていく期間の限界である。最終的に仕事に適応できなければ辞めるしかない。適応する能力がなければ身をもって危険な状況に陥るとも限らないからである。

食べ物の場合は賞味期限を伸ばすには、新たな原材料や技術、新製品の開発を行う。仕事人も同じで新たな経験や技能を身につけなければ賞味期限切れとなってしまう。賞味期限切れになれば第一線に配置されることはない。

賞味期限切れになるには個人差がある。それは能力の違いから生じるからである。能力とは生まれ持った才能という意味ではなく、「可能にする力」を能力として考える。可能にする力である能力を身につけるためには努力も必要になることは確かだ。

 

 

 

50代で賞味期限にならない人は何が違うのか

 

50代では多くの人が賞味期限切れになる。もちろん賞味期限にならない人もいる。何が違うかというと体力を維持する肉体う。

50代に限らず、60代、70代、80代の元気な社長さんにはこの2つの能力が備わっている。肉体的な健康は食事(栄養)・運動・休養(睡眠)で培うことができるが、思考的な健康はどのように維持しているのだろうか。

好奇心旺盛、人の話をよく聞く、本を読むなどなどインプットに関わることが脳力を維持することには欠かせない。アウトプットはどうだろうか。このアウトプットこそが元気な社長さんの「事業力」になっているに違いない。

老いてますます盛んなどと下世話な言い方では伝えきれないほど、元気な社長さんの話はおもしろい。過去の失敗談ではなく、いくつもの新事業のアイデアを持っている方が多いからだ。

 

 

ビジネス的思考力の中心になっているもの

 

「事業」とはビジネスとは限らない。ボランティアなどの社会貢献事業、海外との国際交流事業など、ビジネスだけには留まらない。ただそのような新事業の話のベースになっているのはやはりビジネス的思考力なのである。

50代になったらビジネスを始めようというのは、自分が身につけたビジネス的思考を整理し、場合分けを行い、自分のビジネス的思考の中心になっているものを見つけ出してはどうだろうという提案である。

このような作業を「キャリアの棚卸しと」も言うようだが、キャリアは直近の10年、40代からのキャリアを考えるだけで十分である。またスキルも過去のスキルよりも現在のスキルの評価が重要である。過去は過去、今は今という考え方が必要だ。

ビジネス的思考の整理を行うと自分が持っているものと持っていないものがわかる。持っていないものがあるから組織に所属しているとも考えられる。寄らば大樹の陰、企業はいつのまにか寄業になっていることがある。

 

50代からのビジネスを希業にしてみる

 

私は文字遊びが好きだ。独立や副業をイメージさせる「起業」よりも、50代からのビジネスを自分を活かす事業という意味での「希業」として考えるようにしている。

(つづく)