人生後半戦の新おとな学 Ver.3

時間とお金 食事と睡眠 家族と独居 働き方と暮らし方 学び方と遊び方

昭和を捨てよう(その2)

 

 昭和を捨てよう(その2)~マイカー・固定電話(FAX)・郵便受けを捨てよう|新おとな学 Ver.2

 

 

「昭和を捨てよう」とは昭和を忘れようというのではない。
昭和に作られたモノ・コトを、今の自分、これからの自分に必要でなければ思い切って捨ててしまおうということである。
歴史や過去は変えられないが、今の自分を変えることで未来の自分は変えることができる。

 

 

 

#03 カー(自動車)

 

昭和の経済成長期の「3C」といえば「カラーテレビ・クーラー・カー(自動車)」だった。テレビとクーラーは前回取り上げたので、今回は「カー(自動車)」である。
捨てなければならないのは必要以上にあるマイカーである。

 

シニアになれば週に1、2回という利用者も多いのではないだろうか。自動車はドア・トゥー・ドアであったら便利なのはよくわかる。そして新車が発表されない年はなく、乗りもしない車を古くなったからと買い替えるのが昭和の時代だった。

 

AT(オートマ)普及率も98%、ハイブリッド・EVなどの次世代自動車の普及率は2017年で36.7%と3台に1台を超えている。MT(マニュアル)で免許を取得した高齢者はATや次世代自動車を理解して乗っているとは思えない。事故が起きるのは過去の自動車のつもりで運転しているからだろう。

 

マイカーではなくてもレンタカーやカーシェアは毎回違った車に乗るのだから、車に合った運転技術が必要になる。マイカーは運転できるが、他の車は運転できないドライバーも多い。交通事故件数は2002年(平16)をピークに減少しているが、飲酒運転の厳罰化と時期が一致しているので関係はあるだろう。

 

#03 公共交通機関がある地域はマイカー乗り入れを制限すれば、自ずとシニアのマイカーの保有は必要なくなる

 

交通事故は減っている?交通事故件数は減少傾向続く。死者数は?

(交通事故弁護士相談広場)

 


#04 固定電話とFAX

 

固定電話はもう必要がないと思い設置を止めた。固定電話に電話をかけてくるのは年老いた親戚か、営業の電話、自動応答の電話だけになったからだ。電話債券と呼ばれている加入権はあるのだろうが、資産価値はないのでこのまま放っておくつもりだ。

 

一般家庭で固定電話を毎日利用している人はどのくらいいるだろうか。また、一般家庭でFAXを利用している人はどのくらいの頻度で利用しているのだろうか。固定電話とFAXは相手を特定できるので電話をする方にはメリットがあっても、電話を受ける側にはメリットはない。

 

インターネットで光回線を利用するとひかり電話も利用できる。ひかり電話は固定電話と同じ番号で利用できるので、ほぼ固定電話と同じと思っている人も多い。FAXを利用している人ならなおさらであるが、光回線のオプションサービスの一部であって固定電話とは異なる。

 

固定電話とFAXしか持ち合わせない人は致し方ないが、使わないものを持ち続けている必要はない。緊急時に110・119へ電話をすることを考えれば確かにメリットはあるがスマホやガラケーでもできる。ただし災害時には役に立たない。

 

#04 スマホかガラケーがあれば固定電話は必要ない、受信だけならFAXも必要ない

 

スマホ所有率8割に、格安スマホも最高水準 (日経新聞)

 


#05 郵便受け

 

アマゾンが標準配送を置き配にする地域が拡大しつつある。置き配は対面での応対が必要なく便利なようですべての配送物が置き配になるのは不安だ。宅配ボックスのような置き配専用の仕組みは各家庭には普及していない。

 

流通が発達し通販が現在のようになる前に建てられて住宅がほとんどなのだから仕方がない。ところが郵便はどうだろう。郵便を受け取る量に関わらずほとんどの住宅に設置されている。ところが私の家では郵送物よりも投げ込みチラシのほうが圧倒的に多い。

 

請求書や書面通知などをほとんどネット経由にしたからだろうが、郵便受けは郵便を受けとるよりも別の用途で使われている。対面で直接の対応をしなくてもよいので便利なようで、一方的に送りつけられる、投げ込まれるものは防ぎようがない。前述の固定電話もそうだが、オレオレ詐欺・アポ電詐欺・各請求詐欺などの特殊詐欺は一方的な手段が一因となっている。

 

送り主が誰だかわからないものを受け取る必要は本来はない。郵便自体はまだまだ必要な仕組みだろうが、何でも放り込まれる郵便受けという仕組みはもう必要ないだろう。予め郵送することを念押ししてから郵送するのが最近の常識になりつつある。

 

#05 郵便受けという無防備な小窓は必要ない、代わり応対不要の仕組みを利用すればよい。

 

郵便物の配達数の推移をグラフ化してみる(ガベージニュース)

 


### マイカー・固定電話(FAX)・郵便受けを捨てよう

 

私は今までに車を10台ほど乗り換えた。現在はカーシェアとレンタカーを利用している。サブスクがにもう少し安くなればサブスクで車を定期的に乗りけてみようかと思う。マイカーは必要ない代わりに重要なのがどんな車でも運転できる技能と適応力を身につけることだ。
タクシーも配車アプリを利用すると時間待ちが少なく便利だ。ウーバーは地元では利用していない。


固定電話を使わなくなってから1年ほど経つ。現在はスマホを2個使っている。1台は家にほぼ置きっぱなしで音声通話用に、もう1台はSMS付きSIMで常に持ち歩いている。
普段は音声通話もLINEかFTを使うので、格安SIMを使うと光回線の電話オプションと料金差はほぼない。
ただし外出先での110・119は対応できないので「通報ナビ」を入れている。ただいまだ使うような事態になったことはない。

緊急通報ナビ    iOS  Android

火事・救急通報ナビ  iOS  Android


郵便受けに代わるアイデアはいまのところない。マンション暮らしの時は宅配ボックスがあり便利だった。ただ郵便受けはいつも投げ込みチラシが途切れることはなかった。
現在は在宅で仕事をしているので曜日と時間帯を決めれば宅配の受け取りには苦労しない。郵送物もことごとくネット経由にしたが、公官庁・自治体や所在確認の郵送物、メール便の宅配だけは避けられない。

 

残念ながら郵便受けは必要ないのだが、既存の郵便受けを変えるには結構な費用がかかる。現段階では必要な郵送物はできるだけネット経由にするしかない。今度玄関付近をリフォームするときに考えることにする。

 

セールス 勧誘 チラシなどの投函 すべてお断り反射ステッカー シール
悪質な場合 即刻通報 耐候 防水 10cmX6cm (1枚, 全てお断り)
amazon