人生後半戦の新おとな学 Ver.3

時間とお金 食事と睡眠 家族と独居 働き方と暮らし方 学び方と遊び方

人生後半戦の暮らしと健康、シンプル/リッチとは

人生後半戦の暮らしと健康、シンプル/リッチとは|新おとな学 www.snias.com

 

 

 

人生後半戦の仕事について今までお話してきました。今回は人生後半戦の仕事以外についてお話しします。現在の時間の使い方について思い浮かべてみてください。1日24時間のうち仕事をしていない時間はどのくらいあるでしょうか。

仕事をしていない時間から、睡眠時間を差し引いてください。それから家族のため、優位人・知人のために使っている時間、他の人のために使っている時間を差し引いてみてください。さて残りが自分の時間です。何時間あるでしょうか。

 

自分の時間からスタートする

 

自分の時間を求めるのに24時間から逆算して考えるのが普通です。人生後半戦の自分の時間を求めるときも同じだと思います。これからは自分の時間を先に決めてから残りの時間を配分してみてはどうでしょう。より有意義な時間を持つことができると思います。

若いときにあれこれやっておけばよかったと言う人がいます。私もそのひとりです。自分では決められない時間が多いので仕方がありません。自分で決められない時間が今の自分を作り上げているのかもしれません。そう考えてから人生後半戦は自分の時間からスタートするようにしました。

長いこと仕事に明け暮れていた人は、定年を迎え仕事がなくなると時間を持て余し抜け殻になったように思えてしまうこともあります。これは今まで自分で時間の配分を決められなかったからです。残りの時間を自分の時間として有効に使えば良いのですが、なかなか残り物に福を見いだせた人は少ないのではないでしょうか。

人生後半戦は自分の時間を決め、残りを仕事と他の人のために使うようにします。

 

暮らしはシンプルに、されどリッチに

 

シンプルとリッチ、女性受けしそうな単語が2つです。装飾は少なくシンプルに、材質は良質でリッチにというファッションなどで使う意味でもありません。モノは少なくシンプルに、大切なコトにはお金をかけるというライフスタイルの意味でもありません。

  1. シンプル+リッチ ⇒ シンプルがリッチを意味するというファッションやライフスタイル
  2. シンプル-リッチ or リッチ-シンプル ⇒ どちらもあり得ない
  3. シンプル × リッチ ⇒ シンプルとリッチのバランスをとる欲張りは長続きしない
  4. リッチ/シンプル ⇒ インプットは少なく、アウトプットは上質で高級感あり
  5. シンプル/リッチ ⇒ 情報のインプットを多くし、モノ・コトのアウトプットはシンプルに

人生後半戦の暮らしは「シンプル/リッチ」がおすすめです。もちろん若いときよりも経済的に豊かな人はお金をかけてもかまいません。情報をインプットする方法には本・ネットなどの媒体の他に、人・気づき(アイデア)もあります。自分自身の経験も貴重な情報です。

人生後半戦の暮らしは多くのインプットから、選び抜いた情報に基づいて暮らす「シンプル/リッチ」はどうでしょうか。

 

健康はすべての基本、でも健康に決まりはない

f:id:officenagasawa:20210219100130j:plain

 

人生後半戦になると体力と気力の衰えを感じる人が多くなってきます。実際に50歳半ばから生活習慣病をはじめとした病気の罹患率が高くなってきます。健康と病気は相反するものではなく、健康状態が悪い原因が病気ということです。

健康状態がいきなり悪くなるのは稀で、徐々に体の機能が衰えていくはずですので初期段階に対策を練ることが大切になります。健康状態を良くするにも時間がかかります。普段から健康だと思っている人は、普段から健康に良いことをしているはずです。

とは言っても人間の体は皆が同じではないのでスタート位置が違います。体力気力の衰えを感じなくても、人生後半戦になったと思ったら現在位置の確認が必要です。それから健康状態を上向きにする方法を考えなければなりません。

「〇〇〇が体に良い」というようなたった1つのことで健康状態は良くなりません。人生後半戦になるとワンストップで物ごとを解決しようとする傾向が出てきます。健康こそワンストップで得られるものではないので、まずは自分自身の現在位置を確かめましょう。

健康診断、人間ドック、自宅で健康器具で測定、かかりつけの病院に相談して検査など方法はいくつもあります。まず現在位置を知ることが重要です。

 

人生後半戦は自分の時間からスタートし、シンプル・リッチに暮らす、そのためにはまず健康状態を知ることが大切